家庭でも実践可能!食品ロスを減らす方法

食品を無駄にしないことを心がける

おすすめの保存方法とは

冷凍庫で保存しよう

料理が余ったら、冷蔵庫ではなく冷凍庫で保管してください。
すると長く保存できるので、食品ロスを防げます。
冷蔵庫ではすぐに状態が悪くなって、捨てなければいけなくなります。
疲れて料理ができない時は、買い物に行けなくて自宅に食材が全く残っていない時に重宝するでしょう。

食べる時は電子レンジで解凍するだけで良いので、手間が掛かりません。
子供だけで食事を済ませる時のために、敢えて料理を多めに作っておくのも良い方法です。
まだ小さな子供は、火を使わせるのが怖いでしょう。
電子レンジならヤケドなどの心配もなく、安全に解凍できます。
余った料理は、密閉できる容器に入れましょう。
空気が入ると、冷凍庫でも状態が悪くなる恐れがあります。

お弁当を毎日作っている人

冷凍した料理は、お弁当のおかずにしても良いですね。
朝にわざわざ作らなくても良いので、時間を有効に利用できます。
これまでは何品もおかずを作っていたから、朝の時間が忙しかったでしょう。
しかし冷凍で済ませることで、短時間でお弁当が完成します。
後はゆっくり着替えたり、出かける準備をしてください。
慌てて用意すると、忘れ物をするので気を付けましょう。

たくさん作ってお弁当用に冷凍するのは良いですが、同じおかずが続いたら飽きてしまいます。
飽きて食べなくなったら、食品ロスを防げません。
続いた時は、アレンジレシピを試してください。
キンピラゴボウは、肉と一緒にカレー粉で炒めるだけで肉野菜炒めに変わります。
複数の調味料があるとアレンジしやすくなります。


このコラムをシェアする