家庭でも実践可能!食品ロスを減らす方法

食品を無駄にしないことを心がける

堆肥を作る方法を知ろう

野菜を育てている人向け

自分で、野菜を育てている人がいると思います。
最近は狭いスペースでも簡単に作れる野菜が開発されているので、誰でも挑戦しやすいでしょう。
その時に最も大切なのは土です。
土に栄養がないと、野菜が大きく成長しません。
堆肥を工夫するのが良い方法です。
生ゴミを基材と共に段ボールに入れるだけで堆肥が完成します。
栄養が豊富なので、野菜に使ってください。

土が良くなると、さらに野菜がおいしくなります。
段ボールなら簡単に入手できますし、費用が発生しません。
食品ロスを減らしたけれど、高額な予算を用意できないという人は段ボールを利用してください。
しかし段ボールで作る場合は、堆肥が完成するまでに時間が掛かります。
余裕を持って実践しましょう。

機械を購入して作ろう

堆肥は、専用の機械でも作ることができます。
機械はすばやく作れますし、悪臭もしないので便利です。
ただ費用が高額という部分がデメリットになります。
購入を考えている人は、補助金が使えないのか確認してください。
地域によっては、堆肥を作る機会を購入する時に補助金を出してくれるところがあります。
それなら自分の負担が減るので、予算が少ない人でも購入できると思います。

補助金はこちらが申請しないともらえません。
また、申請できる期間が決まっています。
期間内に申し込まないと、もらえないので損をします。
早めに申し込むことを意識しましょう。
機械は室内に置けるので、生ゴミを外まで持って行く負担も削減できます。
非常に便利な存在でしょう。


このコラムをシェアする